サンベアー(マレーグマ)

Sun Bear

RS23835_Murphy-Ng_sun-bear_7918

世界で一番小さなクマで、体長1m位です。
胸元の黄色い模様が太陽の光の輪に見えるので、サンベアーと呼ばれており、他にも蜂蜜が大好物なので、ハニーベアーと呼ばれる事もあります。イチジクやドリアンなど果物が大好きですが、昆虫も食べます。

前脚の爪が非常に発達しており木登りが得意で、この鋭く強い爪で木の皮を剥がして中にすむ蟻や昆虫をとって食べたり、地面に穴を掘ったりします。

赤ちゃんクマは、ぬいぐるみの様に可愛らしい為不法に飼われたり、森の減少によりすむ場所がなくなりつつありその数を減らしています。

Further Readings