テングザル

Proboscis Monkey

PM

テングザルは、ボルネオ島の固有種です。
オスは大きな鼻を持っており、ロングノーズ・モンキーとも呼ばれ、和名はその鼻が天狗に似ている事から名付けられました。

消化が難しい木の葉を好んで食べる為、消化するために腸が長くお腹がとても大きいです。
一夫多妻制で、強いオスは多くのメスと子供を従えたハーレムを形成しています。

木から木へ飛び移り、川に落ちることもありますが、泳ぎも上手です。
オスは365日、24時間発情できます。